バトルスピリッツで我が家の最強デッキ作成を目指します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

緑速攻が凄すぎる

 今日はコアリーグに息子と3人で参加して来ました。タイトルのように緑速攻が絶好調です。特にいつも行くショップでは速攻が殆どいなくて、中速から低速デッキなため虚空は見かけません。このため息子2号のデッキは殆どとめることができず快勝をしていきます。では結果を


 親父の結果

 今日は勝つことよりもバトルを楽しみたかったので、ネタデッキで出場です。もちろんデッキは我が家で猛威を振るっている白Xデッキです。つまり親父は「聖皇ジークフリーデン」の召還をしたかっただけです。


1回戦  青紫効果なしデッキ?  いつも見るお父さん  勝ち

 相手が出だしで、青のスピリットを展開してきたときは、いきなり苦手のデッキ破壊かとあせりましたが、順調に場を固めて行って、「凍獣マン・モール」まで繋げることが出来ました。「ハートレス・ティン」が出せて、ドローが増やせたのと「鋼葉の樹林」で甲獣が回収出来たのが大きかった。唯一終盤での「奇術師オリバー」はやばかった。もう少し早かったら、捨てるカードで10分は悩んだかもしれない。返しのターンに「要塞皇オーディーン」から「聖皇ジークフリーデン」で派手に相手スピリットを破壊で、親父満足度+1。低速デッキで、小学生ギャラリー増え、そちらも盛り上がってくれて親父満足度+1。次ターン「聖皇ジークフリーデン」Lv3でアタック、「シャ・ズー」2体破壊+「凍獣マン・モール」Lv2効果で相手スピリット全疲労で勝利し親父満足度+1。もう今日はやることは全部やれました。十分満足でした。

2回戦  紫シェイロンデッキ   いつも負けてる大人の人  負け

 所詮「凍獣マン・モール」一体しかいないので、引けないのが普通なのです。まあ、そのために高BPスピリットで場を固めて粘るのですが、「幻龍シェイロン」の連続召還でブロックできずにライフを削りきられました。苦し紛れに使った「ドリームチェスト」が次ターンの召還を誘い止めとなりました。「ドリームチェスト」より「ミストカーテン」とかの方が隙を突いてくる相手には効くのかもしれない。でも力押しだと「ドリームチェスト」とかの方が効果あるし、難しい。


 ネタの白Xがどのくらい使えるのか試してみたかったので、結果はこんなものでしょう。本当にこのデッキで勝ちに行くなら、もう少し考える必要がありそう。



 息子1号の成績

 最近どうもうまく勝ち進めなくなっています。今使っているデッキが現在の環境で増えたデッキタイプにうまく応用できていないような気がします。新カードを含めた新しい構築が必要かもしれません。

1回戦   赤?  小学生   勝ち

 初戦は快勝した模様。先日抽選で当たった「獅龍王レオン・ハウル」をデッキに追加し、2枚となったのを立て続けに召還したようです。子供の純真な引きが羨ましい。でも、それは反則だろう。


2回戦   赤コントロール  小学生  負け

 かなりデッキタイプの近い同系対決です。親父もバトルをしていたので、状況は良くわかりません。特に破壊し合いなので、どっちが優勢なのかもよくわからない。ただ、お互いに「レオン・ハウルを召還!」と叫んでいたので、派手な対決だったのでしょう。最終的に押し切られたようです。


 今回は、様子が見れなかったので、プレイミスがあったのかわかりませんが、後から聞いた感じだと、なにやらやらかしていたようです。反省して強くなって欲しい。



 息子2号の成績

 前回と同じ緑速攻で参加です。幼稚園児にはこのぐらいのデッキしか使えません。


1回戦   緑中速?   小学生  勝ち

 前回決勝で当たった小学生です。今回も数で押し切ったようです。親父が場を固め始めた時点ではもう「勝ち」報告をしに来ていました。速攻がきれいに決まったのでしょう。

2回戦   休み

3回戦   赤コントロール  小学生  勝ち

 息子1号が負けた相手です。つまりちょっと遅い赤なので、出だしで全体除去が来なければかなり相性がいいはず。後攻の相手がアタックしたので、先攻2ターン目で「エメラルドシーザー」呼んで総アタック4点。この時点で殆ど勝負が決まっている上に息子の手札は「マッハジー」と「ハンドリバース」。全体除去への対応も万全とは恐ろしく無駄の無い引きです。次ターンに殴りきって勝ち。結果快勝です。

決勝    紫シェイロンデッキ  親父が負けた常連さん  負け

 対戦前は、常連さんは「多分止まらない」と十中八九負け宣言。家でもこの速攻に紫で勝負すると、全体除去が引けて5分、引けないとまずまけるほど相性が悪い。先週フリーでこの速攻デッキと何回もやっていたので、よくわかっているようです。でも結果は、「ガストラス」が1ターン目に登場し、息子の速攻は完全に沈黙しました。幼稚園児には初見のカードへの対応は出来ないので、当然でしょう。お互い攻めきれずに長期戦となり、結局攻めきれずに敗戦。

 
 速攻はある程度勝ち進むでしょうが、対策カードとあたった時点でどうにもならなくなるので、優勝は難しいのは予想通りでした。それでも大した物だと思います。



 結局一番成績の良かったのは、息子2号でした。中速デッキが流行っている環境では、速攻は対策カードに会うことも少ないようでした。でも、これで2週連続で速攻が勝ち進んでいるので、環境が動くかもしれません。次週は新カード登場前最後なので、またまた、環境の読み合いです。





コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

T.K

Author:T.K
子供のトレカで親父が楽しむブログ

デッキ構築支援
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
リンク
スポンサードリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。