バトルスピリッツで我が家の最強デッキ作成を目指します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

白デッキが強すぎるから弱点を考えてみる

 昨日紹介した白Xデッキですが、今日も幼稚園児が勝ち続けています。という訳で、今日はこのデッキの弱点とその克服を検証してみます。

 このデッキはそもそもネタデッキなので
「極甲王グラン・トルタス」の壁と「要塞皇オーディーン」からの「聖皇ジークフリーデン」転召は外せません。残りはそこへ繋げる為だけの存在です。逆に考えれば残りはまだまだ検討の余地ありです。


最も苦手とする粉砕について
 
 粉砕対策にまず「侵されざる聖域」を考えましたが、実は毎ターン5枚づつでも厳しいです。むしろ粉砕相手には高BPと回復マジックを生かして殴りきるのを狙う方が簡単そうです。粉砕はデッキ枚数を気にしないと単に無謀なアタックでしかありませんから、デッキを守ろうとしなければ楽に勝てるのかもしれません。一撃数十枚の粉砕にやられるのはどのデッキでも同じなので、それだけの対策はすべきで無いような気がします。
 つまり、確実に勝ちに行くならライノチェインデッキがいいのだろうか?


白装甲が相手に付くと危険かもしれない
 
 いろいろ考えて、実は一番恐ろしいのは装甲で武装したダブルシンボルからの、「インビジブルクローク」+回復マジックかもしれません。防御重視の低速デッキなので相手は十分下準備の時間とコアがあります。「珊瑚蟹シオマネキッド」+「カイザーアトラス皇帝」+「インビジブルクローク」+「フロックリカバリー」なら現実にありそうで、簡単にライフ4点を持っていかれますし、このデッキにはこれに対処する方法がまったくありません。通常のデッキなら許されない時間の掛かるコンボが可能となってしまうかもしれない。「ユナイテッドパワー」+「硝子の女神フレイア」が終盤での鉄壁の守りになるかもしれません。
 つまり、「珊瑚蟹シオマネキッド」を緑中速に入れて、終盤で一発逆転が狙えるかもしれない


速攻は勝てない

 速攻は対策カードを引けるかで決まることが多いのですが、このデッキの場合「オッドセイ」「鎧装獣ヘイズ・ルーン」と速攻対策がある上に回復、回避マジックが多いので、意外と堪えやすい。更に白の高BPのおかげでバトルに負けないので、ターンが進むと確実に場のスピリットが増え速攻は数で押すことも出来なくなります。
 つまり、平均的な初手では速攻は突破できない。事故で勝ちを期待してもしょうがない


場のスピリットを減らされると序盤が辛い

 赤、紫のコントロールデッキから序盤の猛攻のほうが実は厄介かもしれない。高コストのため軽減用のスピリットが減らされると再展開が間に合わなくなり、また、マジックを使うのにもコアが足りなくなります。ただ、この攻撃をコントロールデッキでするのはデッキコンセプトと違う攻め方なので勇気がいると思います。デッキ内容がわかっていなければ大丈夫なのような気もします。装甲まで守りきれるかが肝になりそう。マンモールがもう一枚欲しい。
 つまり、白デッキはマンモールが出るまでに殴りきるという基本を貫くしかない



いろいろ考えてみましたが、今のところメタとなるデッキが思いつかない。

今日はここまで




 
コメント
No title
こんばんは。
一番有効なのは、表彰台&虚空のデッキ破壊でしょうか。
うまく回れば、わずか数ターンであっという間に40枚のデッキ破壊が可能ですから。
ライノチェインやミカハンマーなどのデッキ破壊や、赤青キャッスルゴレムデッキなども有効だと思います。
いわゆる自分がアタックを一切せずにデッキ破壊を狙うようなデッキが一番苦手なデッキになるでしょうね。

高コストのカードが多いので、白速攻、黄速攻、赤コン、緑神速、緑賢者デッキなども十分有効じゃないでしょうか。
2009/08/27(木) 00:11 | URL | ソーセージ #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

T.K

Author:T.K
子供のトレカで親父が楽しむブログ

デッキ構築支援
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
リンク
スポンサードリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。