バトルスピリッツで我が家の最強デッキ作成を目指します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

星座編2弾 終了時のデッキ その2

今回は、親父が作った場合の赤ビートデッキです。

息子の作ったデッキと違い、派手でさはありませんが、こちらの方が除去能力が高いかもしれません。


《赤ビート》

スピリット 20枚
3 [0/0] ブレイドラ <翼竜>
3 [3/2] シュリケラプトル <空牙>
3 [5/2] 獅龍皇子レオグルス <皇獣・星魂>
3 [6/3] 北斗七星龍ジーク・アポロドラゴン <神星・星竜>
3 [6/赤2青2] 太陽龍ジーク・アポロドラゴン <神星・星竜>
2 [7/赤2青2] 凶龍爆神ガンディノス <地竜・皇獣> {強襲}
3 [1/青1赤1] 戦竜エルギニアス <戦獣>
ブレイヴ 12枚
3 [4/2] 砲竜バル・ガンナー <地竜・星竜>
3 [5/赤2白2] 砲凰竜フェニック・キャノン <機竜・星魂> {激突}
3 [5/紫2赤2] 騎士王蛇ペンドラゴン <妖蛇・星魂>
3 [5/青2赤2] 牙皇ケルベロード <異合・皇獣>
ネクサス 3枚
3 [3/2] 俊星流れるコロッセオ
マジック 5枚
2 [5/3] ブレイヴドロー
3 [4/3] ドリームリボン


 低コストスピリットを踏み台にして、より早く大物を場に出しフィールドを制圧するデッキです。「ブレイドラ」「戦竜エルギニアス」はコストの踏み台用なので、序盤に出して無意味に焼かれるのは間違った使い方です。中盤以降でコア計算をし数コアのコア不足を穴埋めするために使います。最近のネクサス焼きスピリットが「ドラグサウルス」から「砲凰竜フェニック・キャノン」に移行したため、1ターン目のネクサスが直ぐに破壊される確率が下がりました。「俊星流れるコロッセオ」は序盤では維持コストの掛からないフィールドシンボル、中盤以降はフィールド更地とセットでのマジック封じになります。

 フラッシュで動けるカードが「ドリームリボン」だけなので、絶対に受けに回ってはいけません。とにかくアタックでプレッシャーを掛けていく必要があります。

 弱点は速攻。「攻撃は最大の防御」を基本としているので、攻撃が間に合わない事は防御が出来ないということです。防御系マジックも「サイレントウォール」ではなく「ドリームリボン」を採用したのは、攻撃時に無駄にならないようにするためです。
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

T.K

Author:T.K
子供のトレカで親父が楽しむブログ

デッキ構築支援
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
リンク
スポンサードリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。