バトルスピリッツで我が家の最強デッキ作成を目指します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

結局CS参加出来ずでショップバトル

 今日はチャンピオンシップに参加する予定でいたのですが、諸事情により参加出来ず。で、午後からいつものお店でショップバトルに参加して来ました。

 お店では予想していたように、強豪はCSへ遠征中。裏Xをとりにいくチャンスと考えていたら、同じ事を考えている人が多数。特に親の協力が得られない中高生が多かったような気がしないでもない。いや、意気込みが凄かった?

 では対戦レポートです。いつものように親子3人での参戦。デッキは、

・息子1号  「カタストロフとメテオが凄いぜ」激突デッキ
・息子2号  「虚空、勇者?なにそれ?」神速デッキ
・親父    「全色装甲、スピリットは鉄壁」装甲デッキ

 

・息子2号の成績


・1回戦   紫デッキ   大人   負け

 多分、もう速攻の時代が終わったような気がします。紫、緑の軽量だとスピードについてくるし、遅いデッキは何らかの速攻対策が入っています。今回も、一気に展開から総攻撃を仕掛けたようですが、結局止められ後は何も出来ずに終了です。

<<結果>> 1回戦敗退

 今後は、幼稚園児にも扱える中速デッキを作ることが親父の課題です。最近は難しい効果が多いので、如何にシンプルに仕上げて幼稚園児に教え込むべきか。出来れば、同じパターンで勝ちを狙いにいけるほうがいいのですが、難しい。



・親父の成績


・1回戦   緑紫中速デッキ?  高校生   勝ち

 スタートでどっちの色か迷いましたが、「センザンゴウ」から順次高BPスピリットを展開。混色なのが見えてきたところで、コアを除去する手段がないと読んで思い切って「凍獣マン・モール」にコア3個置いて召喚。その後は緑紫装甲をつけて「ピュアエリクサー」を抱え込んでの高BPアタックで押し切りました。横綱相撲です。

・2回戦   緑紫ハンデスデッキ  前回連敗が止まった常連さん  負け

 親父の装甲デッキの弱点は「手札」と「デッキ」。超鈍足デッキなので、この2箇所を狙われるとどうしようもありません。序盤から「デュラクダール」2体、「アルマ・ジール」で壁を展開していくのですが、相手の照準は手札で、「ハングリートゥリー」2体と「ミストウィゼル」に「女教皇リル・サキュバス」を召喚です。さらに「常闇の聖堂」で「女教皇リル・サキュバス」を再利用。もう無理ゲー。手札が無くなって数で押し切られて終了。

<<結果>> 2回戦敗退
 
 青のデッキ破壊はある程度あきらめていたのですが、まさかドロー能力がないところをつかれて負けるとは。勉強になりました。トラッシュ回収が増えてきたので、そろそろそれの対策も必要な気もしますが、しばらくこのデッキで研究です。



・息子1号の成績


・1回戦  紫デッキ  常連さん   勝ち  

 第7弾で登場した「冥勇士デスカラビア」を最大限に活用するデッキのようでしたが、ピンポイントでマジックカードが出たようです。普通に殴りきりのようでした。

・2回戦  緑中速?  小学生    勝ち

 息子のデッキは高BPで押してくるので、緑だと隙をついてライフを狙いに行くか、高BP勝負を受けてたつしかありません。どっちもない中速は完全に餌食となります。激突、破壊→フィールド制圧→手札差で、トリックのない緑はジリ貧から逆転できずに終了です。

・3回戦  紫デッキ  大人     勝ち

 詳細はわかりませんが、暴れまくったようです。緑と違って紫はスピリットが沸いてくるので、長期戦になると特に派手になってきます。また、コア除去は長期戦になるほど相対的に威力が半減するので、ロンデス以外は有利になります。最後は「激神皇カタストロフドラゴン」でフィールドを一掃してから「力奪う凱旋門」でマジックを封じてしとめたようです。勝ち筋のいつものパターン。

・4回戦  緑紫ハンデスデッキ  常連さん   勝ち

 親父が負けた方です。こちらは息子のほうが相性がいい。破壊時効果を「女教皇リル・サキュバス」で活用するデッキなのですが、本当に破壊されると意味がない。結局破壊時効果を使われるのなら、早めに除去したほうが良いわけです。多少の手札の損失は補えれるところが赤の強み。ネクサスも処理できるので相手はトラッシュ回収が出来ません。
 終盤の「古竜魔人バ・ゴゥ」と「ラ・ディアブロード」2体での「ラ・ディアブロード」BP11000アタック+勝つとドローなんて反則です。「ハングリートゥリー」で応戦しても1枚ドローで1枚破棄なので問題なし。
 また、今回から「力奪う凱旋門」が2枚になって序盤から張って行くようになったのも大きい。相手はスピリットが場持ちしないのでマジックの制約を受け「ミストウィゼル」+「ライフチェイン」とかが使えません。早めにライフ1点まで追い込んで、後は出てくるスピリットを片っ端から除去して行って押し切りました。


<<結果>> 優勝

 今回は息子がデッキ構成を考え、親父が若干のアドバイスをしただけでした。最初は50枚以上あったので何とか45枚まで圧縮。それでも、自分の作ったデッキで勝てたのでうれしかったようです。


 それでは優勝したので、息子のデッキであろうが問答無用で公開です。




スピリット 29枚
3 [1/0] ナイフ投げのジャグリーン <道化>
3 [3/3] ドラグサウルス <爬獣>
3 [3/1] 猛角獣ホーングリズリー <皇獣> {激突}
3 [4/3] ラ・ディアブロード <竜人・神将>
2 [4/2] ドラグノ祈祷師 <竜人>
1 [4/2] 晴天竜ウィンドレイク <星竜・翼竜> {覚醒}
3 [4/1] プテラトマホーク <空牙>
2 [5/3] 戦斧のアポロディノス <竜人・神将> {覚醒}
2 [5/1] 古竜魔人バ・ゴゥ <竜人・古竜>
2 [6/3] 雷皇龍ジークヴルム <星竜・古竜> {激突}
1 [7/3] 龍星皇メテオヴルム <星竜・勇傑> {激突}
1 [7/3] 巨竜ギガノトン <地竜> {激突}
1 [7/3] 風龍王フージャオス <皇獣・翼竜>
1 [8/3] 獅龍王レオン・ハウル <皇獣>
1 [10/6] 激神皇カタストロフドラゴン <虚神・古竜> {激突}
ネクサス 4枚
2 [3/2] 燃えさかる戦場
2 [3/2] 力奪う凱旋門
マジック 12枚
2 [5/3] エクストラドロー
2 [5/3] フレイムダンス
2 [5/2] フレイムサイクロン
2 [5/2] ヴィクトリーファイア
2 [6/2] トライデントフレア
2 [4/2] サイレントウォール


 派手な高コストスピリットはみんな使ってみたかったようです。でも意外と7までは簡単に出てくる上に、「獅龍王レオン・ハウル」は無理して出しても、相手を一掃できる可能性があるし、「激神皇カタストロフドラゴン」は「戦斧のアポロディノス」がコストを下げるので、数ターン後には簡単に大型が登場してきます。
 「戦斧のアポロディノス」と「ラ・ディアブロード」からの「激神皇カタストロフドラゴン」がいきなり最高Lvでアタックしてくるのが、たちが悪い。あと「竜人」「激突」「覚醒」が絡み始めると、そこら中で相乗効果が生まれ始めます。それを把握して使ってくる小2の餓鬼もたちが悪い。
 ネクサスとマジックはどうしても種類が絞り込めなかったようで、すべて2枚づつ入っています。この辺がまだまだ再考の余地がありそうです。
 
 我が家でこのデッキに勝つための方法は、「速攻」です。今までの息子の赤は白の装甲で何とかなりましたが、「激神皇カタストロフドラゴン」が素でBP20000もあるので止められません。今は展開する前に殴りきるしかないのですが、意外とマジックに焼かれて返り討ちにあいます。しばらくは我が家で猛威を振るいそうです。


コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

T.K

Author:T.K
子供のトレカで親父が楽しむブログ

デッキ構築支援
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
リンク
スポンサードリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。