バトルスピリッツで我が家の最強デッキ作成を目指します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バーストで残念だと思うこと

バーストの公式ルールが公開されたので、個人的な感想を少し。

なぜ、バーストをセットできるは「バースト効果」を持つカードだけとしたのだろう。このルールのためバーストがセットされていればブラフで無いことになり、今後のバーストのバリエーションが少なかったり、実践級のカードが少ないと、セットされればカードがほぼ予想できオープンしているのと大して変わらなくなる。ある意味手札のカードを読むより簡単になるかもしれない。また、「間違えてバースト効果を持たないカードをセットすると、即負け」になるため、セットされたカードがオープンされるたびに随時チェックするという余計な作業が出てきた。今後も、このルールのためにセットされたカードと手札を交換するような効果は出ないだろう。次の構築済みデッキの「キジ・トリア」で「自分のバーストをセットしていなとき、自分の手札にあるバーストを持つカード1枚をセットできる。」という効果があるので、このルールが変更になる可能性は非常に少ない。

もう一つ、上のことにも関係するが、セットされたカードを相手に見せずに手札に戻せないため、使い捨てとなってしまった。いや、使わずに捨てることになった。発動しないとまったく役に立たなくなると、メタ的なバースト条件を持つものは非常に使いづらくなる。「とりあえずセットしとけ」ができなくなるため、デッキ構築でもそういった特殊な条件のカードは採用しづらくなる。すると、上に書いた実践級カードが限定されるという弊害が出てきてしまう。ドローが弱いデッキでは、手札の減少は致命的でさらに辛い。

ようするに、親父が予想した、「読み合い、騙し合い」ではなく、もっとストレートに「コスト踏み倒しで効果使うぜ」ということらしい。次回の構築済みまではセットされていれば「武威煌炎刃」なので、自爆しないように気をつけないと。

最後に、勝利条件に「相手が間違えてバースト効果を持たないカードをセットする」が加わったことも忘れないように。

スポンサーサイト
プロフィール

T.K

Author:T.K
子供のトレカで親父が楽しむブログ

デッキ構築支援
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
07 | 2011/08 | 09
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
リンク
スポンサードリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。